授乳中のレーザー脱毛の効果と母乳への影響

ミュゼ一宮店

最近、多くの女性たちがレーザー脱毛をしています。毛が気になってすぐにすべすべのお肌を手に入れたいと誰しもが思いでしょう。普段の時も毛は生えてきますが、妊娠中や授乳中などは赤ちゃんの影響で、よく毛が生えてくるというお母さんたちがいるとよく耳にします。しかし、このようなデリケートで身体に負担をかけてはいけない時に、レーザー脱毛をしても良いのかどうか、特に授乳中の母乳には大丈夫なのか不安に思う方も多いでしょう。

 

基本的にお母さんになった時のレーザー脱毛を絶対に止めとくべきとは言いませんが、特別な理由がない限りやらない方がいいと言われています。その理由は、ホルモンバランスや肌質の変化など、妊娠中に起こる変化は人によってさまざまだからです。脱毛を行ったことで、予期せぬトラブルを引き起こす可能性があったり、痛みそのものが胎児に悪影響を与える可能性もあるため注意するようにしましょう。また、普通の時よりも脱毛を行ったことで効果はあまり得られません。

 

若干毛は薄くなる効果はありますが、すべすべにはならないのが現状です。また、母乳には影響があるのかについては、母乳に何らかの影響はありません。医療用のレーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光はメラニンに反応する性質を各自持っています。その性質を利用するので、肌のかなり浅い部分にしかレーザーや光は届きませんので心配はいりません。人によって大丈夫だとはいえ、色々と問題点も出てきますので、しっかりと自分の身体と向き合って脱毛を行うかを決断しましょう。